見出し画像

和歌山愛もたっぷりのった!紀州ジビエと金山寺味噌のブルスケッタ―和歌山市チャレンジ新商品

和歌山市広報note

ご覧いただきありがとうございます。
和歌山市広報広聴課です。

本市の優れた技術やノウハウ、独創的なアイデアをもとに新商品開発に取り組む中小企業の販路開拓を応援する「和歌山市チャレンジ新商品認定制度」
令和3年度も5事業者5商品を「和歌山市チャレンジ新商品」として認定しました。

今回はこの5商品のなかから、株式会社サントピア「紀州ジビエと金山寺味噌のブルスケッタ」を詳しくご紹介します。

この商品は、紀州ジビエの代表「猪肉」と和歌山が誇る金山寺味噌をコラボさせた、和歌山愛に溢れるオープンサンドです。

画像1

今回は、このオープンサンドを開発・販売されてる株式会社サントピアの代表取締役、森下さんにお話を伺いました。

森下さん

株式会社サントピアさまは、このnoteの編集している私も、実は、子どもの頃からおいしくいただいている、地元で人気のサンドウィッチ専門店です。

――「紀州ジビエと金山寺味噌のブルスケッタ」をつくろうと思ったきっかけを教えてください。

きっかけは、ものすごく腕利きのジビエの猟師さんと出会ったことです。
彼に出会ったことで、ジビエのおいしさに一段と気づくことができました。

なぜ彼のジビエが特別おいしいのかというと、彼は、シカやイノシシを、銃を使わないで生け捕りにするんです。
それで、獲ったその場で一瞬にして血抜きをしてしまうんですよね。
お肉でもお魚でもそうなのですが、血がくさみの原因になるので、血抜きが早いとくさみが残らないんですよ。
お肉を切るときも白いまな板に一滴も血が残らないのには驚きで……このお肉をサンドウィッチに、なんとかして使ってみたいと思ったんです。

紀州の山を走り回っている命を大切に頂いて、命の大切さも分かりますし。
それに、シカやイノシシの被害を受けている農家さんにも喜んでもらえるし。
自然との共生・共存にもつながるんじゃないかと思っています。

――おいしい紀州ジビエを活かすために試行錯誤されましたか?

そうですね。
理想のサンドウィッチに合う自家製パンをつくりたくて、3年ほど前に直営のベーカリー「つむぎ」をオープンしました。
そこでつくるフランスの田舎風パン「カンパーニュ」の上にジビエをのせて、オープンサンドにすればどうかなと、まずは考えました。

そして、カンパーニュとジビエを合わせるつなぎとして、和歌山の金山寺味噌をつかったんです。

――金山寺味噌は和歌山県特産のなめ味噌(ご飯のおともやお酒のおつまみとしてそのまま食べる味噌)ですね。

そうですね。
金山寺味噌もそのままストレートに使うとジビエとケンカしてしまうので……サンドウィッチに合う金山寺味噌選びからはじめて、パンに合うペーストになるように工夫を続けました。

それと発酵食品同士、味噌とチーズは合うのでチーズも使うことにしました。

――お客さまの反応はいかがでしたか?

「紀州ジビエと金山寺味噌のブルスケッタ」は、当初月替わりのランチでご提供させていただいたんですけど……ジビエをのせて焼いて、チーズもとけたてをお出ししたんです。
「ジビエはくさみがあって苦手」とおっしゃっているお客さまにも、アタックして食べてもらったら、気に入っていただけるなど、とても評判がよくて……。

そういったことが自信につながって、月替わりランチで終わるんじゃなくて、これからもずっと食べていただきたいなと思って、瞬間冷凍をかけて、通信販売やテイクアウトでお持ち帰りいただけるようにしました。

――地元・和歌山でしか食べられなかったサントピアさんのサンドウィッチが、全国でも食べられるんですね!

通信販売は初めてなので慣れていないところもありますが、がんばりたいです。

和歌山市にお越しいただいたときはもちろんですが、インターネット通販なども通して、「紀州ジビエと金山寺味噌のブルスケッタ」を一度食べていただき、和歌山の食材のすばらしさを、日本全国の皆さんにもっと知ってもらいたいと思っています。

海の幸も山の幸も両方手に入る。
和歌山のような、すばらしいところはそうないと思うんです。

百貨店のバイヤーさんからもお声掛けいただくこともあって、そういった販売機会も通して、少しずつでも和歌山のよさが広がっていってほしいです。

私は料理人なので、食を通じることでしか、和歌山をアピールできません。
だから、ぜひ食べてもらって、和歌山を知ってほしいですね。

株式会社サントピア
「紀州ジビエと金山寺味噌のブルスケッタ」についてのお問合せ先
TEL:073-426-2080
営業時間/9:00~16:00 17:00まではテイクアウトのみ(月曜定休)
http://www.suntopia1980.com/
ご購入は下記から可能です。
◎サンドウィッチハウス サントピア powered by BASE
https://suntopia1980.base.shop/

***

和歌山愛に溢れた、サントピアさんのブルスケッタ。
実際食べてみた感想など、次回続けて書きたいと思います。

***

和歌山市では「和歌山市チャレンジ新商品認定事業」への応募を随時受け付けています。
市内に主たる事務所を有し、新商品を開発した中小企業者(法人・個人)で、市税の滞納や指名停止を受けていない事業者の方でしたら、販売開始から2年以内のもので、ご応募いただけます。
他の要件や提出書類等、詳細は下記ページをご確認ください。

和歌山市チャレンジ新商品認定事業についてお問い合わせは、商工振興課までお願いします。

和歌山市 産業交流局 産業部 商工振興課
〒640-8511
和歌山市七番丁23番地
TEL:073-435-1233/FAX:073-435-1256

この記事が参加している募集

この街がすき

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました。 もしよろしければ、noteのフォローをお願いします。