見出し画像

丸編ニット生地生産【全国1位の和歌山県】からSDGs。「もったいな~い!」スビン綿100%の生地でつくったピローケース①―和歌山市チャレンジ新商品

和歌山市広報note

ご覧いただきありがとうございます。
和歌山市広報広聴課です。

今回も再び。
和歌山放送さんにて毎週月曜日から金曜日のあさ7時25分から放送されている、和歌山市のラジオ広報番組『ゲンキ和歌山市』の収録に同行させていただきまして。

和歌山市広報ラジオ番組『ゲンキ和歌山市』
和歌山放送(AM1431kHz/FM84.2MHz)
毎週月曜日から金曜日、あさ7時25~30分放送
◎公式ブログ
http://genki-wakayamashi.seesaa.net/

セレクトショップ「tunagu」にお邪魔してまいりました!
「tunagu」は「自ら選んで試して納得した良いものをご提案」をコンセプトに、日本製にこだわり作り手から使い手に直接伝わる良いものを伝えたいとのこと。
和歌山のニット製品だけにとどまらず店主自ら産地に足を運び自らの五感で感じた商品を販売しているそうです。

画像3

和歌山市では、「tunagu」で扱われている「guugu ピローケース」を、令和3年度に「和歌山市チャレンジ新商品」として認定!

優れた技術やノウハウ、独創的なアイデアをもとに新商品開発に取り組む、和歌山市内の中小企業の販路開拓を応援する「和歌山市チャレンジ新商品認定制度」。
令和3年度も5事業者5商品を「和歌山市チャレンジ新商品」として認定し、市内外へのPR等のお手伝いをさせていただきます。

画像2

「tunagu」の代表、岡本さんに、「guugu ピローケース」について詳しく伺いました。

画像3

――「guugu ピローケース」をつくろうと思ったきっかけは?

和歌山県って、丸編ニット生地生産が全国1位って知ってました?
実は私知らなくて……教えてもらったことをきっかけに興味を持つようになって、ニット生地の工場に遊びに行くようになったんです。

そこで、日本製……それも和歌山県産のものすごくいい生地が、洋服などをつくった後、端切れとして余っていると知ったことがきっかけです。
端切れといってもスビン綿100%の本当に上質な生地なので……

――もったいない!

本当にもったいないと思って、これを使って何かできないかと思ったんですよ。

◎スビン綿とは
南インドの一部地域でしか育てることができない希少な綿花からつくられる繊維。一般的な綿花よりも生育期間が長いことで、細く長く強いのが特徴です。

――洋服等の生産過程であまった生地をピローケースに。枕カバーにしようと思ったのはなぜですか?

過去に寝具店で勤めていたことがあって、接客時に、お客さまお一人おひとりが使っている枕にあうカバーって少ないことに気づいたんです。
枕が多様化しているんですよね。
大きさも、硬さも、かたちも違います。
それに触り心地や素材なども、追求すれば、いっぱい求めることはあるんです。

そこで、どんな枕にもフィットするピローケースにしたいなと思いました。

和歌山が誇る丸編みニットの生地は、天然素材100%なのに伸び縮みするんですよね。
どんな枕にも合う伸縮自在の枕カバーには化学繊維が利用されていることが多いのですが、「guugu ピローケース」はコットン100%。
丸編みという編み方の特長で伸び縮みするんです。

画像4

肌ざわりを確かめる、和歌山放送の西林さん。

――やわらかい……。ふわっと優しいですね。赤ちゃんのほっぺみたい。

そうなんです笑
裾はメロウ仕上げにしてかわいくしてみました。

幼いころから生地フェチの私が、本当に「捨てるのが惜しい」と。
惚れ込んだ生地なので、ぜひ、店頭にお越しいただいて、この手触りを実際手に取って確かめていただきたいです!

地元・和歌山を中心に自ら選んで試して納得した良いものを
セレクトショップ「tunagu」へのお問い合わせはこちら

TEL:090-5050-0240 / mail:info@tunagu.shop
https://tunagu.hp.peraichi.com/tunagu
https://www.facebook.com/tunagu2020/

「guugu ピローケース」はあまった生地からの生産。取材時も、人気のため在庫わずかでしたので、「guugu ピローケース」をお求めの方は、在庫状況についてお問い合わせされたほうがよいかもしれません。

***

長くなりましたので、今回はこのあたりで筆をおきたいと思います。
後日、店名の「tunagu」に込めた岡本さんの思いなどをお届けします。

***

和歌山市では「和歌山市チャレンジ新商品認定事業」への応募を随時受け付けています。
市内に主たる事務所を有し、新商品を開発した中小企業者(法人・個人)で、市税の滞納や指名停止を受けていない事業者の方でしたら、販売開始から2年以内のもので、ご応募いただけます。
他の要件や提出書類等、詳細は下記ページをご確認ください。

和歌山市チャレンジ新商品認定事業についてお問い合わせは、商工振興課までお願いします。

和歌山市 産業交流局 産業部 商工振興課
〒640-8511
和歌山市七番丁23番地
TEL:073-435-1233/FAX:073-435-1256

この記事が参加している募集

この街がすき

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました。 もしよろしければ、noteのフォローをお願いします。